head_img_slim

information

メニュー
メールボタン
お問い合わせボタン
HOME > PMS(月経前症候群)

PMS(月経前症候群)

 

  • 生理前になると、下腹部痛・頭痛吐き気・腰痛など様々な症状に悩まされる
  • イライラしたり悲しくなったり、情緒不安定になる
    薬に頼らず改善したい
  • 特に産後からの生理痛が酷くなった
  • 生理前家族や身近な人に八つ当たりしてしまう
  • 生理前肌荒れや口内炎ができやすくなったり、体調が崩しやすくなってしまう
  • 女性の約8割が悩んでいるとされている、月経前症候群(PMS)

    辛い症状があっても、仕方がないとあきらめているママさんは多いのではないのでしょうか?

    酷いと仕事や学校に行けない、家族や友人に八つ当たりしてしまって自己嫌悪に陥るなど、とてもツラい思いをしている方が少なくないように思います。

    その為には、

    ・なぜ、月経前症候群になってしまうのか?

    ・なぜ、整体でPMSが改善するのか?

    を理解することが大切になります。

    ここから、それぞれについて解説していきたいと思います。


    PMSの症状

    PMSの不快な症状は、なんと200種類以上とも言われるほどあります!
    そのため、症状は実にさまざまで、人によっても全然違います。

    症状を大きく分けると、体に不調をきたす身体症状と心の不調が現れる精神症状があります。

    体に現れる、身体症状(20歳代が多い)

    頭痛、腰痛、肩こり、めまい、吐き気、動悸、喉がつっかえるような違和感、下腹部が痛む、体重増加、手足の冷え、肌荒れ、ニキビ、乳房が張る、便秘、下痢、疲れやすい、倦怠感、食欲増進、食欲減退、すぐ眠くなるなど・・・

    心の不調で出る精神的症状(30歳代が多い)

    無気力、ネガティブになる、イライラする、怒りやすくなる、攻撃的になる、心配性になる、仕事や家事などやる気がでない、性欲が減退する、衝動買いしやすくなる、家族(他人)とすぐ口論する、物を壊すなど・・・

     

    特に心の不調が強い場合の事を別名PMDD(月経前気分不快障害)といいます。
    (数%はPMMDだといわれています)

     

    PMSは、10歳~40歳代の女性に見られますが、最も多くみられるのは女性ホルモンの分泌が活発な20~30歳代です。

  • 一般的なPMSの原因

    ホルモンバランスの影響

    人によって大きく症状が異なるPMS。
    一般的には排卵後に訪れる女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」の急激な変動が関わっていると考えられています。

    生理は、卵胞期(低温相)・排卵期・黄体期(高温相)に分けられます。

    PMSが出るのが黄体期になるのですが、この時期にプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが急激に増えます。

    またホルモンの働きで脳内の「セロトニン」という物質が低下すると、うつ症状やネガティブ思考など気持ちや情緒が不安定になります。
    さらに、生理前はインスリン(血糖値を下げるホルモン)の効果が低下し、血糖値が上がるため、血糖値の乱高下が激しくなります。
    そのため、食事から2〜3時間後に低血糖を生じやすく、無償に甘いものが食べたくなたったり過食が止まらなくなるなどの症状がでるのです。

    しかし、実際のところPMSの原因はハッキリとは分かっていないのが実情です。

    なので、200種類のある症状に対して薬という対処を選択することになります。

    当院が考えるPMS(月経前症候群)の原因

    食生活の乱れ

    カフェインをよく飲むという人、甘いものをたくさん食べる人、乳製品をよく摂る人などは、症状が重い人が多いです。バランスが偏っている食事をしている場合も同様です。あとタバコを吸う人お酒もよく飲む人も同様です。

    食生活の乱れによって内臓疲労を起こし、解毒処理が追いつかなくなると体内で処理できない毒素を皮膚から捨てようとします。

    そのため、ニキビや口内炎や肌荒れが起こるのです。

    ②ストレス

    急な環境の変化や、育児や家庭や家族などによるストレスが長期間続いた時など、ストレスがたまっていると、PMSの症状は酷くなっていきます。 

    ストレスにより自律神経が乱れると急にイライラしたり思い頭痛になったり、酷い腰痛になったりします。

    ③薬の影響

    症状がどんどん酷くなると、つい薬に頼りたくなってしまいます。

    薬を使うこと自体を否定はしませんが、薬ができる事・できない事を理解した上で上手に使っていただきたいと思います。

    薬にできる事、それは症状を抑えることです。そのため根本的な原因を改善はしていません。

    が、PMSの原因である内臓疲労や自律神経の乱れの改善はできない為、生理の度に薬を服用しなければならない羽目になります。

    また、それだけでなく、薬を長期間服用すると肝臓や胃が疲労起こしてしまい逆に薬の影響で肩こりや腰痛が酷くなる場合もあります。

    時には強いPMSは体がとてもきついので、薬を服用する事は必要です。

    が、根本的な解決策にはならないことを理解していただきたいです。

    ④性格・考え癖

    真面目な人、気遣いが出来る人、几帳面で完璧主義な人は要注意です。PMSの症状がでやすいようです。

    性格は基本中々変えられないので、やり過ぎ、頑張りすぎないようにする事と当院としてアドバイスすることは
    「元気になるまで自分の好きなことだけやってください」とお伝えします。

    神経・体を休ませてあげるとどんどん一気に元気になってきます。

    これを「忙しいから難しい」と言われる方は治りが遅いです。

    逆に「治るのでしたら好きなことしかしません」
    と素直に行動に移してくれるかたは早く治ることが多いです。

    PMSのセルフケア

    PMSは女性なら誰にでも起こりうる可能性があるもの。マイナスに考えずに積極的にセルフケアを行えば上手に乗り切れます!

    ①ストレスを避ける

    PMSが起こる不調期は、無理をしない、大きな決断を避ける、苦手な人とは距離を置いて付き合うなど、行動面で調整を。

    ②自分を癒す工夫を

    ストレッチやアロマテラピーなど極力リラクゼーションタイムを持って、思い切り自分を癒してあげてください。

    ③食生活に気をつける

    この時期は食パンや、お菓子、麺類、白砂糖など精白食品を摂りすぎると症状が重くなります。ビタミンやミネラルを多く含んでいる玄米や雑穀類を積極的に取り入れましょう。カフェインやアルコール類もなるべく控えましょう。

    しきさい整骨院の施術について

    では、整体でPMSを改善するにはどうすればいいのかを解説しますと、

    ①歪みの改善

    ②内臓疲労を取り除く

    ③頭蓋骨の調整

    この3点を重点的に行います。

    PMSの人は大体が骨盤がガチガチに固くなって歪んでいます。

    あと内臓疲労も起こしているのでお腹もかなり固くなっていますので弛めていきます。

    最後に自律神経の乱れにより頭蓋骨と頸椎も固くなっているので調整して脳脊髄液の循環を良くし疲労回復を高めていきます。

    基本施術はソフトに行いますので、ご安心ください。

    PMSが治りにくい原因として挙げた4つの要因は、PMSを改善させていく上で患者さまご自身にも理解していただくことが重要になってきます。

     

    4つの要因(原因)すべてを完璧改善していくには現実的に考えて中々困難です。

     

    できる事だけで大丈夫なので取り組んでいただけると、PMS改善への近道となります。

     

    まずは、ムリのない範囲から始めていきましょう!

    また、施術だけでなく、セルフケアも教えていきますので一緒にPMS改善に向けて歩んでいきましょう♪


 

電話番号 097-551-1846

お問い合わせボタン

ページトップに戻る