head_img_slim

information

メニュー
メールボタン
お問い合わせボタン
HOME > 症状別>妊娠時の腰痛

妊娠時の腰痛

お腹が大きくなってくると体の重心が前に移るため、どうしても上体を反らした姿勢で立ったり歩いたりすると背中や腰に負荷がかかり痛みが発症しやすくなります。

妊娠中の骨盤の状態は「リラキシン」と呼ばれるホルモンの分泌の影響で骨盤の関節や靭帯が緩んでいる状態が続いてしまいます。

妊娠時は運動量がどうしても減ってしまいます。そのため筋肉量も減り、体重も増えてきます。その状態でお腹の赤ちゃんの重みが加わると、負担が大きくなり姿勢が崩れ、骨盤の歪みがでてしまいます。その結果、腰に痛みが出やすいのです。

もし腰痛になったら?

妊娠には腰痛がつきものですが。出産に悪影響を及ぼすことはありませんが、そうは言っても、腰の痛みは辛いものです。日常生活で姿勢を正したり、体を支えるための筋力をつけたりすることを意識しましょう。緩んだ骨盤を整えるサポートととして、骨盤ベルトを身につけるのも効果的ですよ。ただし何をしていても腰に強い痛みがでたり動けないほどの痛みがある場合はお腹の負担もある為、医療機関等の受診もおススメします。

まずは冷静にそして身内の協力も必要になります。専門的にやっている整体院や整骨院でも対応しているところもありますので、痛みが我慢できない場合は来店される事をお勧めします。

腰痛を予防するには?

●ものを持ち上げるときはしゃがんで

物を持ち上げるときは立位のまま持ち上げずに、膝を曲げてしゃがんでから持ち上げると腰の負担は減ります。

●反り腰にならないようにする

妊娠時はお腹が出てくるにつれて、お腹を支えようとするために腰を反らせる姿勢になってしまいます。対策として、片脚を前に出して、高さ20㎝くらいの台に乗せるような姿勢で立つと、腰が反りません。食器を洗う時に風呂椅子などを置いて脚を乗せると、腰痛予防になります。

●運動を出来るだけ積極的に行う

骨盤・股関節・足などを動かしながら、筋肉をほぐしたり鍛えたりすることができる妊婦さん用のストレッチや体操も効果的です。マタニティヨガ・マタニティスイミングなど無理のない範囲内で運動、体操を行っていきましょう。

妊娠中や授乳中に市販の湿布を使う場合は、インドメタシンなどの入った湿布は胎児や母乳への影響が報告されているので、選ばないようにしましょう。

しきさい整骨院では妊婦さんの腰痛施術を行っております。安心して優しいソフトな施術です。しっかり予防法もアドバイスしていますので、気になる方はいつでもご予約お待ちしています。早目に改善し快適なマタニティライフを過ごしましょう。

大分市 妊娠中のトラブルなら、「しきさい整骨院」にお任せください。

電話番号 097-551-1846

お問い合わせボタン

ページトップに戻る