head_img_slim

information

メニュー
メールボタン
お問い合わせボタン
HOME > 逆子

逆子

妊娠30週頃まで、お腹の赤ちゃんは羊水の中を回転しながら姿勢を変えています。大きくなるにつれて、子宮の中がきつくなり、回転できなくなります。

赤ちゃんは頭が一番重いので、通常は頭を下にした姿勢で落ち着きます。これを「頭位」といいます。

でも中には頭が上にあって、おしりや足が子宮口の近くにある姿勢の赤ちゃんがいます。これを「逆子」または「骨盤位」といいます。

妊娠30週頃には約15%ぐらいになり、逆子のまま出産する人は全体の3~5%程度になります。

逆子の原因

子宮の異常

胎盤の異常

胎児側の原因

異常がなくても逆子のままお産を迎える赤ちゃんもいます。

イライラしていると逆子になりやすいと言われているので、気をつけましょう。

逆子を直すには?

妊娠ぐらいで逆子と診断されても、ほとんどの場合は赤ちゃんが自分の力で回って頭位になります。でも、赤ちゃんが大きくなって回りにくいときは、逆子を直す方法があります。

胸膝位のポーズ

正座の姿勢から四つん這いの姿勢を取りますが、頭部を低くし両肘・両膝をつけて
お尻を高く上げます。その姿勢をキープし、次に犬が尻尾を振って喜ぶようにお尻を左右に振ります。

横向きの体位(シムスの体位)

赤ちゃんの背中が上になるよう、横向きに寝て、10分間静止します。右向きか左向きかは医師の指示に従ってください。

※抱き枕は特に必要はありません。

逆子は何もしなくても自然に治ることが多いので、そんなに心配しないでください。

しかし、やっぱり気になる方はしきさい整骨院でも安産整体の一つとして逆子の矯正の整体を行っています。

安全な方法なので中々逆子が返らないときは一度ご相談いただければと思います。

大分市 逆子の矯正なら、「しきさい整骨院」にお任せください。


電話番号 097-551-1846

お問い合わせボタン

ページトップに戻る