head_img_slim

information

メニュー
メールボタン
お問い合わせボタン
HOME > 逆子

逆子

妊娠30週頃まで、お腹の赤ちゃんは羊水の中を回転しながら姿勢を変えています。大きくなるにつれて、子宮の中がきつくなり、回転できなくなります。

赤ちゃんは頭が一番重いので、通常は頭を下にした姿勢で落ち着きます。これを「頭位」といいます。

頭位

でも中には頭が上にあって、おしりや足が子宮口の近くにある姿勢の赤ちゃんがいます。これを「逆子」または医学用語で「骨盤位」といいます。

逆子

妊娠30週頃には約15%ぐらいになり、逆子のまま出産する人は全体の3~5%程度になります。

逆子の要因

逆子の要因としては大部分が原因不明でまだ詳しく分からないのですが西洋医学的には

胎児の大きさ

羊水過多や多児妊娠

骨盤が狭い、広いなど

前回妊娠が帝王切開だった

臍帯の長さ

など様々な要因が複合的になって起こると言われています。

また、一人目のお子さんが逆子であった場合、二人目も10%の確率で逆子になるという報告もあります。

 

東洋医学的の観点から見ますと逆子の主な原因は『冷え』が原因の事がよくあります。

 

昔から「頭寒足熱」と言い、頭は冷めて足が温かいのが健康的です。もし、母体の下半身が冷えていると、胎児は頭を守るために頭を上に向けて自分の体を守ろうと一種の防御反応をおこすため逆子になるのではないかと言われています。

いつから逆子整体を始めればよいのか?

当院としては28週で逆子とわかれば早めに施術をすることをお勧めしています。

28週を過ぎて逆子をそのままにしておくと子宮が逆子の状態をフイットする形にどんどんなってしまいます。
また胎児もここからグングン大きくなってしまうので、段々と回転しにくくなってしまいます。

産婦人科医院では大体約32週まで大丈夫と言われますが、当院としては28週で逆子とわかれば、早めに施術を始めた方が、ご自宅でのセルフケアや生活習慣での注意点を気をつければ、通院回数も少なくなりますのでお勧めしております。

(実際に28週から始めると改善率がかなり高いです!)

どのくらいのペースで通えばよいのか?

週数によりますが、一週間に1~2回です。
最短で治すのを目標としていますが、必ずしも1回では治るとは限らないので、3~4回程度の通院すると思って心構えしておいてください。

逆子の改善方法は?

妊娠ぐらいで逆子と診断されても、ほとんどの場合は赤ちゃんが自分の力で回って頭位になります。でも、赤ちゃんが大きくなって回りにくいときは、逆子を直す方法があります。

胸膝位のポーズ

逆子体操

正座の姿勢から四つん這いの姿勢を取りますが、頭部を低くし両肘・両膝をつけて
お尻を高く上げます。その姿勢をキープし、次に犬が尻尾を振って喜ぶようにお尻を左右に振ります。(逆子体操は28週から行うと良いです)

横向きの体位(シムスの体位)

シムスの体位

赤ちゃんの背中が上になるよう、横向きに寝て、10分間静止します。右向きか左向きかは医師の指示に従ってください。

※抱き枕は特に必要はありません。

 

■足湯をする

足が冷えていると中々赤ちゃんが回らないので、下半身の血流を良くするため足首から気持ち集めのお湯で温めましょう。(約10分位)

■ふくらはぎを動かす

足が冷たい人はふくらはぎのポンプ作用を使って歩いてない場合が見受けられます。
お勧めの体操・運動
①後ろ足は膝を伸ばしてふくらはぎを引き締めながら歩く
②寝た状態・又は座った状態で足首をゆっくり上下に動かす
③ふくらはぎに力を入れ(2~3秒ぐらい)一気に力を抜き緩める

ふくらはぎは『第二の心臓』と言われていますので、ふくらはぎのポンプ作用が弱まると全身の血流が滞りやすくなります。

■ツボを押す

足の小指の爪の角に『至陰』というツボと内くるぶしから指三本分のところに『三陰交』というツボがあります。ここを押したりお灸をすると逆子の改善に効果が期待できます。

■家族周囲の理解を得ること

逆子は気にすればするほど、治りにくくなります。逆子がわかった時、家族が心配になります。家族が過度の心配をしすぎたり、プレッシャーを与えてしまうと余計に治りにくくなってしまいます。妊娠中のメンタルはとても繊細なので家族は過度にストレスをかけるのではなく温かい目で見守ることを優先していきましょう。

患者様の喜びの声

①どんな症状で来院されましたか?
→逆子だったため
②当院に決められた理由は何ですか?
→妊娠中に整体をうけられる所が少ない中、ネットで見て、たくさん患者さんをみていて、専門的だと思ったから。
③当院の施術を受けてみて、どうなりましたか?
→逆子が治りました!
④当院の施術を、どんな方に勧めたいですか?
→妊娠中で体が痛い方、産後の方。逆子などで不安な方。
S.H様   34歳  女性  会社員

※お客様個人の感想であり、効果を保証するものではありません。


①どんな症状で来院されましたか?
→腰の痛みで歩行が困難になった
②当院に決められた理由は何ですか?
→ネットで見つけ自宅からもそれほど遠くなかったため、HPの内容も分かりやすかったので安心できました
③当院の施術を受けてみて、どうなりましたか?
→初回の施術からみるみるうちに良くなり感謝しています
逆子まで直り、通って本当に良かったです
④当院の施術を、どんな方に勧めたいですか?
→産前の腰痛の方はもちろん、産後の不調で悩んでいる方にも勧めたいと思います
M.Y様   39歳  女性  会社員


35週ぐらいから元に戻る確率がグッと下がります。でも当院は高い週数でも全然対応できますので、中々改善できないときは一度ご相談ください。

大分市 逆子の矯正なら、「しきさい整骨院」にお任せください。


電話番号 097-551-1846

お問い合わせボタン

ページトップに戻る