head_img_slim

information

メニュー
メールボタン
お問い合わせボタン
HOME > 妊娠中の坐骨神経痛

妊娠中の坐骨神経痛

 

  • 腰から太ももの裏が痺れる
  • ずっとお尻(坐骨)が痛い
  • お尻が痛くて立ち上がるのも歩くのも困難
  • 腰まで痛みがある
  • 寝返りをすると針を刺すような痛みがある

    一つでも当てはまる方は続きを読んでください。


  • 妊娠中なぜ坐骨神経痛になりやすいのか?

    妊婦さんは妊娠中に女性ホルモンのリラキシンというホルモンが沢山分泌され、骨盤が緩みやすい状態になっています。

    その為、骨盤が緩みやすいので坐骨周囲の筋肉のバランスが崩れ、坐骨の大きな神経を圧迫を起こし、その結果ピリピリと痺れを感じ、度合いによっては立ってもいられない、座れない、動けないといった症状が出るのです。

    妊娠中の坐骨神経痛の対処法は?

    ①骨盤ベルトを使用する

    骨盤のゆがみを防止するため、骨盤ベルトを使うのも一つの方法です。

    ただし、骨盤ベルトを強く締めたり正しい位置で巻かないと効果が得られませんので気を付けましょう。

    ②痛みが酷い時は無理をしない、体を冷やさない、温める

    妊娠中は身体的にも心理的にも変化が大きく、不安定な時期です。

    坐骨神経痛が酷いときは、楽な姿勢で身体を休め、無理をせずに動かないようにしましょう。

    腰から足にかけて温めると痛みが少しやわらぐこともあるので、ゆっくり入浴したり、なるべく身体を冷やさないようにして、日頃から体を温める習慣をつけることも大切です

    ③ストレッチを行う

    坐骨神経痛は腰周りや特にお尻(坐骨)の筋肉が固くなっていると、痛みや痺れが悪化することもありますのでストレッチなどで軽く運動して筋肉をほぐすと、痛みがやわらぐ効果が期待できます。

    妊娠中の人は、あまり激しい運動行わないように無理のない範囲で、ストレッチを試してみてください。

     

    それでも改善しない場合は、一度しきさい整骨院にお問い合わせください。

    坐骨神経痛の施術、または再発防止の指導を行っています。


 

電話番号 097-551-1846

お問い合わせボタン

ページトップに戻る